エスティマハイブリッド

■エスティマハイブリッド
トヨタはミニバンのエスティマとその兄弟者アルファードにプリウスとは異なるハイブリッドシステムを搭載しています。フロントホイールはCVTを介して2.4リッターの4気筒エンジン+交流モーターで駆動、それとは別にリアホイールを交流モーター単体で駆動するという仕組みを持っています。外観はエスティマ/アルファードと殆ど変わらない。電池は床下にコンパクトに収納されています。室内の広さもまったく同じです。スタート時は前後のモーターで発進し、エンジンは使いません。スピードが少しあがるとエンジンが始動し、エンジン+モーターの状態になります。この状態で後輪のモードは停止し、前輪駆動となります。そして、急加速や坂道を登るようなときは後輪のモーターが働き、4WD状態となります。切り替えにともなるショックなどは無いのでドライバーがそれを感じることはありません。肝心な燃費については、劇的にガソリンが節約できるというわけではない様子。節約分も贅沢装備満載の1.9t近い車重を動かすマイナス面が差し引かれてしまう感あり、今後のトヨタの課題とみたい。ただこのトヨタのエスティマという車は、中古車市場ではかなりの高人気です。ファミリーカーというのは、趣味と言うより、実益のために購入するユーザーが多く、ファミリーカーについては中古車で買う人が多いため、トヨタを始め、中古車ではファミリーカーは高値になりがちです。。

■トヨタエスティマハイブリッドのデータ
中古車での相場:HR10系 188.5万円〜188.5万円
(ガリバーインターナショナル 2007年4月現在)
新車本体価格363.3 〜 447
駆動:4WD 乗員:7・8名
燃費:20 km/
排気量:2.4

トヨタ中古車エスティマHB
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。