新潟の格安車検はホリデーがおススメ

格安で車検をするなら、ホリデー車検が超おすすめ!
安心・納得の車検です。一度体験して下さい。


ネットで予約し、車検が終わると、毎月抽選で賞品が当たるよ。新潟は越後柏崎、佐渡、上越、塩沢、新潟中央、に店舗があります。
プロのメカニックが実際に一緒に車を見てくれますよ♪


・車検に通るかどうか?


・追加の整備が必要か?

車の状態を分かりやすく説明してくれます!質の高いサービスを受けられて、車検後のアフターケアも万全ですよ♪


車を持っていると便利ですが、面倒なのが車検です。乗用車であれば、2年ごとに車検を受けることになります。新車で購入した場合の初回車検は3年後です。サンデードライバーでも知っておきたい車検の基礎知識を説明します。


車検は、国が実施を義務付けており、検査に合格しないと公道を走ることが出来ません!車検に合格しないと車を利用できない事態となります。


車検は経済的な負担も軽くないですし、格安に自分にあった車検の方法を選べるように、まず車検について基本的なことを知っておきましょうね。



トヨタ・セルシオ

■トヨタ セルシオ
4.3リッターのV8エンジンを載せる、後輪駆動の高級セダン。アメリカやヨーロッパではレクサスLS430という名で売られています。05年8月からトヨタブランドを離れてレクサス店で販売されることに。日本は世界第二位の自動車生産国としてアメリカをはじめ世界のマーケットを席巻しているといわれていますが、メスセデスのSクラス、BMWの7シリーズなど高級車の世界ではいまいち実績がない。その中、1台頑張って来たのがトヨタのセルシオといえます。セルシオのV8は世界でも最上と言ってよい、すばらしくスムーズで静かなエンジン。アクセルを踏めばトルクも湧いてくる。高速で車を走らせるには、なんと言っても静かさが大切。排気量を大きく持って、エンジンをゆるゆると回してやるという手があるが、排気量を大きくもつと燃費が悪くなる。そこで空力特性を良くしてエンジンの負荷を小さくし燃費を抑えようとする。でも、そうするとなかなか室内のスペースの確保が難しくなる。メルセデスの高速燃費の良さには定評があるが、セルシオ(レクサス)もこのあたりの今後の進化が楽しみだ。トヨタに期待したいところといえます。

■トヨタ/セルシオ中古車データ
新車時価格
651.0万円 〜 787.5万円
中古車相場
40.3万円 〜 654.7万円
UCF10系   40.3万円〜60.4万円
UCF30系   323.4万円〜654.7万円
UCF20系   67.7万円〜255.7万円

■ライバル車
日産 フーガ
日産 セドリック
トヨタ クラウン マジェスタ

中古車の査定

ユーザが車を中古車業者に売却する場合、まず業者が車を査定し、査定額を算出します。

■査定のポイント
車種(中古市場での人気度)
現在の自家用乗用車の一般的な傾向であるが、伝統的なセダンやクーペタイプは査定が安く、ミニバンやオフロード系4WD、ステーションワゴンなどのタイプは査定が高い傾向にある。また、軽自動車は税金や保険料などの維持費の安さから、地方を中心に一定の中古市場があり値崩れしにくい事から、すぐ上の1000ccクラスよりも高査定が付くことが多い。

グレード(装備品を含む)
車種によって多数のグレードがあり、グレード毎の差に主要装備はもちろん、排気量に差がある場合もあるので中古車の査定額に大きく影響する。社外装備品も評価はされるが、綺麗に付けられているか、その車種に見合ったものかどうかも判断されるため、査定額が上がるとは限らない。むしろ純正部品に戻さなければならないと判断された場合査定額が下がるケースもある。

年式:
年式が新しいほうが高査定額になるのは言うまでもないが、同車種同年式でもマイナーチェンジやモデルチェンジなどで中古車の査定額に大きな差が出る。

走行距離:
軽自動車の年間標準走行距離は8000キロというように、中古車の走行距離には一定の認識がもたれており、それを超えると減額されそれ以下の場合増額される。

色:
その時代の人気色が高査定になるケースが多い。00年代で言うと、白、黒、シルバーなど。また車種独自の人気色がある場合、その色の中古車が高査定になる例がみられる。

中古車の状態:
各機器の動作、汚れや傷の有無、修復暦を確認する。修復暦は事故暦と混同されがちだが、別物である。事故を起こしてなくとも修復暦に該当する部位(主に内鈑やフレーム)が損傷もしくは修正されていた場合、修復暦となる。これらは日本査定協会において定義されている。逆に事故を起こしてはいても、バンパーを交換した、ドアのへこみを戻し塗装した、だけでは修復暦にならず、交換跡、修理跡と判断される。

トヨタにはT-UPは全国のトヨタ販売店等で展開する中古車の買取りネットワークがあり、車を売ることを考えであれば、査定士の資格を持ったスタッフが、お車の査定から売却までを迅速かつ丁寧にサービスしてくれます。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/

トヨタ・ヴィッツ

■トヨタ ヴィッツ
ヴィッツはトヨタの傘下にあるダイハツ製の1リッターエンジンを載せ1999年に登場したトヨタの3ドア/5ドアハッチバックで、コンパクトカーの中古市場で人気の高いくるまです。初代は、世界戦略車としてはもちろん、bBやファンカーゴ、istなどの人気車種を派生させたトヨタ・コンパクトカーの基幹車種です。ヴィッツでは、衝突安全ボディ「GOA」をベースに、重量の異なる車両同士の衝突時における共存を追求する「コンパティビリティー」の概念が取り入れています。現在は新型が発表され、フロント部のエンブレム「N」が示す通り、ネッツ店の専売となっています。

中古車市場においても高い人気を持つヴィッツの魅力は、そのボディスタイル。トヨタ車は4年もするとスタイルが古びて見えると言われ、販売戦力的に仕組んでいるのでは?とも言われています。しかし、ヴィッツにおいては、そういった印象は感じられずに、登場依頼高い人気を維持している。エンジンは1リッター、1.3リッター、1.5リッターと豊富ですが、この車らしくのるなら1リッター+5速のマニュアルボックスがオススメです。マニュアルでエンジンを回してやれば必要十分な動力性能を得られるし、なにより経済的です。ヴィッツは買って後悔しない完成度の高い車です。中古車市場で貴方に合ったヴィッツを探しましょう。

■トヨタ・ヴィッツ中古車データ
中古車の相場
P10系:54.9万円〜104.9万円
P90系:142.1万円〜160.1万円

新車価格帯
128.4万円〜159.6万円

■ライバル車
ホンダフィット
日産マーチ
トヨタ中古車・ヴィッツ

トヨタbB

■トヨタ bB
トヨタ中古車で人気の1台を紹介します。個性派中の個性派コンパクトカーとして高い人気を誇るトヨタ bBです。ファンカーゴベースに作られる1.3リッター/1.5リッターエンジンを載せる5ドアのマイクロワゴンです。若者を狙ったスタイル重視で、フロントバンパーが突き出したデザインでテーブルかテラスみたいな綺麗さを感じます。ヴィッツベースながら、フォルムからはそのルーツをおおよそ知ることができない。それほどまでに独立した存在のbB。当初は、20代の若者にターゲットを当てていたが、意外や中高年層にもうけ、中古車市場で高い人気を維持しています。幅広いユーザー層に魅力を感じさせる何かがこのクルマにはあるのでしょう。bBの名前の由来は、「未知の可能性を秘めた宝箱、“ブラックボックス”」から。乗り心地よりも楽しさ求めるユーザ向きの車です。

■トヨタ bBのデータ
中古車の相場
CP30系:68.6万円〜164.1万円
NC20系:167.2万円〜217.4万円
新車価格帯
153.1万円〜170.1万円
トヨタ中古車bB
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。