トヨタ中古車

人気トヨタ車をゲットしよう。自分に合った車選びのポイントとは?

やっぱ、トヨタ車はいいね!世界一のメーカだよ。外車もいいけど、日本で乗るなら俺はやっぱトヨタ。中古車など利用し、いろいろ楽しんじゃっています!

トヨタ中古車サイトへようこそ!このサイトは人気トヨタの中古車の情報を集めました。車選びのポイントは、自分に合ったトヨタの一台を探すことです。ファンであるトヨタ車をテーマに中古車関連の情報をお伝えします。

車選びのポイントは、デザインはもちろん、動力性能、仕様、インテリア、オプションなど貴方にピッタリの車種とグレードを見つけましょう。

中古車の持つテーマを良く理解し、自分のカーライフを考えて決めましょう。そして、中古車選びと新車選びは全く違います。前オーナーの乗り方一つで、エンジンの回り方やボディの歪み、内外装のキズの度合いなど、同じ車種年式でも違いがでます。

価格にこだわるのも良いですが、品質と価格のバランスがとれているクルマを選ぶことが大切です。掘り出し物には落とし穴がつき物。極端に安い車は事故歴、過走行といった、何らかの欠点がある可能性が高いです。とことん疑ってかかった方がよいかもしれません。

中古車の市場でトヨタ車は人気です。トヨタ エスティマ、トヨタ ハリアー、トヨタ ヴィッツ、トヨタ プリウス、トヨタ カローラなどが上位ランキングを占めています。

メーカの特徴として、故障しにくい車が多いことと人気車種が揃っていることなどが要因です。リーズナブルに良い車を手にすることのできる中古車市場で貴方の気に入った一台を探してください。楽しい、カーライフを満喫ください。そして、お気に入りの愛車としてトヨタ車をゲットしてください!

トヨタ車ふぁん。

中古車市場

トヨタの1台を見つけている貴方へ。今回は、中古車市場の現状をお伝えします。中古車販売業者にとって在庫を多く抱えるのはスペース的にも財政的にも簡単ではない。一方購入予定者にとっても、どの業者にどのタイプの車があるか分からなければ、希望の車種・年式を探すのは困難である。これらの点で、双方に有益なのが中古車情報誌、および中古車情報検索用のウェブサイトである。 また、インターネットオークションに中古車販売業者が店頭で陳列している中古車を出品していることも多い。代表的な情報誌としては、以下のものがあげられる。

・カーセンサー(株式会社リクルート)
・Goo(株式会社プロトコーポレーション)
・カッチャオ(株式会社ティーネットほか3社)

これら情報誌のデータベースと連動したウェブサイトもそれぞれ用意されている。 また中古車情報サイトには、中古車業者が開設しているものも多く存在する。欠点は、紙やインターネット上の情報だけで実物を見ることができないため、エンジンや足回りなどの状態が分からないことである。中古車は使われたユーザーによって一台一台状態が違うので、購入に際してはエンジンや足回りのオイル漏れや異音などのチェックが欠かせない。可能なら試乗しての各種チェック(停止時には分からないトランスミッションの状態(変速の状態など)チェックなど)も行い、実物の状態をしっかり見極める必要がある。貴方に合った良いトヨタの1台を見つけてください。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/

ブランドSCION(サイオン)

サイオンはアメリカの若者向けのブランドで2003年に開始。いわゆる「ジェネレーションY」と呼ばれる20代前半の若い世代をターゲットとする。トヨタの主要顧客は概して年齢層が高く、若年層の取り込みが課題であった。商品開発思想や広告展開まで新しい手法を用い、従来の "退屈なトヨタ車" のイメージを覆すことを狙った。クールでスタイリッシュな「ファッション性」を商品力とし、あらかじめ多様なカスタマイズを用意することで「個性化」を呼びかけた。マス(大衆)にもアッパーにも属さない新しいカテゴリの開拓を狙う。開始当時の車種はxA(日本ではist)、xB(同bB)で、後に日本未発売のクーペtCが追加された。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/

ブランド/LEXUS(レクサス)

1989年、アメリカで高級車ブランド「レクサス」を創設し、大型高級セダンの「レクサス・LS」(当時の日本名「トヨタ・セルシオ」)と「レクサス・ES」(当時の日本名「トヨタ・カムリプロミネント」)を発表した。その時まで、米国トヨタブランドの最上位車種はクレシーダ(日本ではマークII)であり、同じトヨタブランドで高級車種を販売することには限界があるとの判断からだった。従来、日本の大衆車メーカーの参入余地がないと見られていた高級車市場でたちまち成功をおさめ、メルセデス・ベンツをはじめ、BMW、ジャガーなどの世界の名だたる高級車メーカーに強い衝撃を与えた。現在ではメルセデス・ベンツやBMWと並ぶブランド力を持ちつつある。

レクサス・ブランドは日本国内にも展開されることになり、2005年8月30日に日本国内向けレクサス・ブランドとして、GSシリーズ、ISシリーズとSCシリーズの3系列投入で発足した。ISシリーズは1か月遅れの2005年9月28日から発売した。現在のところ高級車ブランドとしてはメルセデス・ベンツ、BMWに次ぐ販売台数を記録している(2006年1月期)ものの、当初目標の半分に留まり他の高級車ブランドからの乗り換え客をいかに増やすかという課題を抱えている。2006年9月19日からレクサスの旗艦車種といえるセルシオの後継車であるLSシリーズを日本で発売した。その後もSUVやスポーツカーなどを順次発売して、車種のラインアップを充実させる。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF#TOYOTA.EF.BC.88.E3.83.88.E3.83.A8.E3.82.BF.EF.BC.89

販売のトヨタ

トヨタは、1950年代後半から60年代にかけて、クラウン、コロナ、パブリカの乗用車3車種を相次いで発売、乗用車の基本ラインナップを構築した。

さらに1960年代後半からは、それぞれの車種がモデルチェンジにより大型化、上級化するに従って、中間モデルを充実させることに力を入れた。すなわち、パブリカ(のちのスターレット)とコロナの中間にはカローラを、コロナとクラウンの中間にはコロナマークII(のちのマークII)を配し、カローラとコロナの中間にカリーナおよびセリカを配した。車種追加により、パブリカをエントリーモデルとし、カローラ、コロナ、マークII、そして最高峰ブランドのクラウンに至るまでのピラミッド型商品展開を完成させたのである。

これは日本的な年功序列や終身雇用といった慣例的制度に支えられ、日本のサラリーマンたちに昇進・昇給が約束されていた時代には、より上位モデルへの買い替えを促すシナリオでもあった。1980年代に用いられたいつかはクラウンというキャッチコピーは、トヨタの販売戦略を端的に表す。一方、販売店系列の整備がすすむと、系列別に同一シャシ・同一ボディでありながら若干意匠を変えた「兄弟車」を投入することで、系列間の競争を促し、さらなる拡販を試みた。

このような商品展開と、顧客の動向を重視する経営姿勢は、60年代、日本のモータリゼーションが始まったころは、技術の日産に対して販売のトヨタと評された。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/

トヨタの中古車買取りネットワーク

■トヨタの中古車買取りネットワーク【T-UP】

http://www.toyota.co.jp/t-up/
0070-800-00-1234(買取り・査定なら即コール)
9:00-21:00

T-UPは全国のトヨタ販売店等で展開する中古車の買取りネットワークです。T-UPは、全国に約450店舗を展開され、査定士の資格を持ったスタッフが、お車の査定から売却までを迅速かつ丁寧にサービスしてくれます。
TOYOTA(トヨタ)、USED CAR(中古車)、PURCHASE(購入、買取り)の頭文字を使って“T-UP”とネーミングされました。また、トヨタ(T)で高価買取り(UP)という意味も含めています。T-UPで買取りしたクルマは、全国あわせて約1,700店舗のトヨタの中古車販売のU-Carのお店で直接販売されます。トヨタU-Carには、トヨタ車以外のU-Car(中古車)を買い求めるお客様も多いため、全メーカーのクルマを積極的に販売しています。だからこそ、トヨタ車だけでなく、他メーカーのクルマでも高価買取りが実現できます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。